ケース

Entry No.9

最小侵襲、最大効果

<治療の概要>

上顎前歯の審美障害を治療した患者さんです。
歯周病により、病的移動した歯を審美的に治療しました。
リンガルアーチを用いた部分矯正でできるだけ移動してしまった歯を
元の位置に戻しました。
右上2は歯周病も重度であったため、オールセラミッククラウンにて
補綴をしました。

<患者さんの希望>

・右上2と左上3の歯が歯列から逸脱しているのを治したい。
・上顎両側中切歯の補綴(メタルボンドクラウン)はそのままでよい。
・矯正治療はしても良いが、目立つ装置はいやだ。

<問題点>

・右上2は重度歯周病で動揺を認め、病的移動にて、挺出、唇側傾斜を
 きたしていた。
・左上3は病的移動にて唇側転位して、いわゆる八重歯であった。
・上顎両側中切歯のメタルボンドはポーセレン部が破折していた。
・全顎的に中等度の歯周炎を認めました。

<治療の提案>

1.前歯部において理想的な治療です。
 上顎両側中切歯のメタルボンドを除去して仮歯に換えます。
 マルチブラケットによる矯正治療を行い、右上2や左上3を初め
 とする歯列の乱れを治します。
 ホワイトニング後、右上1,2、左上1は審美補綴を行います。
2.上顎両側中切歯のメタルボンドはそのままの治療提案です。
 リンガルアーチにて動かせる範囲で右上2、左上2,3の乱れを
 治療します。
 ホワイトニング後、右上2は審美補綴、左上3は形態修正をします。
今夏には最小限の治療を希望されたため、2で行いました。

<実際の治療の流れ>

1.リンガルアーチをつけるためのバンドを試適して印象と採りました。
 フックと弾線をそれぞれつけたリンガルアーチをSTロックで固定
 し、エラスティックゴムと弾線で活性しました。
2.右上2は内方に移動すると当たり出すため、神経を取り削りました。
 右上に幅径を大きくするのと同時に右上3,4間の隙間を埋めました。
3.矯正治療の動的期間は3か月でした。
4.上下顎にデュアルホワイトニングを行いました。
5.右上2はオールセラミッククラウンを接着しました。
6.左上3は歯冠形態修正を行いました。

リンガルアーチ

ファイバーコア

リンガルアーチとは日本語で言うと舌側弧線装置のことです。
基本的には上顎両側第1大臼歯をつなげて固定源として、
他の歯を動かします。
利点は簡単な装置で治療が行え、装置が前から見えないことです。
欠点は単純な動き、主に傾斜移動しかできないことと、

装置が舌の運動範囲にあるので、しゃべりにくいことです。
今回は右上2と左上3の口蓋側傾斜移動、左上2の唇側傾斜移動を
目的として、行いました。
途中で、右上3を遠心移動して、右上2のかぶせ物のスペースを
広くするともっとかっこいい右上2の補綴物ができると考えました。
実際の動的期間は3か月でした。
部分的な矯正なので、理想的になったとはいえませんが、
簡単な装置で短期間にある程度の審美性は獲得できました。

ホワイトニング

オールセラミッククラウン

ファイバーコア

当院で行っているオールセラミッククラウンに2種類あります。
Empress と e-Max です。
Empress は150Mpaの強度を持つセラミックです。
マルチというブロックがあり、天然歯と同じようなグラデーションが
再現されているので、審美的に優れています。
e-Max は360Mpaの強度を持つため、割れにくいセラミックです。
ただ、マルチがないため、自然に仕上げるにはステインかポーセレンの
築盛が必要になるため、手間がかかります。
今回は強く咬み合わさらない前歯の補綴だったので、審美性を重視し、
Empress を使用しました。
透明感のある自然な美しさを獲得できました。

セラミック冠
審美歯科
昭和歯科医院 院長紹介 審美治療の症例 審美修復の種類 ホワイトニング マイクロスコープ 費用