ケース

Entry No.8

事故からの復活

<治療の概要>

交通事故によって、上顎前歯がめり込んでしまった患者さんです。
右上1のめり込んだ歯を1度抜いて、きれいに消毒して、再植しました。
傷が落ち着いてから、歯ぐきのラインを揃えるため、部分矯正を
行いました。
左上1も衝撃で失活したので、上顎両側中切歯をオールセラミック
クラウンで審美補綴しました。

<患者さんの希望>

特に希望はありませんでしたが、できるだけきれいに治して欲しい
とのことでした。

<問題点>

1.右上1は歯冠が破折して、なくなっていました。
 さらに、残った歯根は歯槽骨の一部を骨折しながら、迷入して
 いました。

 歯ぐきの裂傷と合わせ、泥などの異物も混入を認めました。
2.左上1に外傷はありませんでした。
 しかし、強く打っていたため、3か月後のレントゲンで
 神経が死んで、根尖病変があるのを認めました。

<治療の提案>

未成年の患者さんだったので、できるだけ保存的に
治療することを考え治療計画を立てました。
まず、右上1は再植にて保存を試みることにしました。
ただ、予後不良の場合はインプラントになることをお話しました。
インプラントは非常に良い治療ですが、若年者の場合は先が長いので、
理想的な審美が獲得できなくても、できるだけ保存したいです。
再植が成功しても、唇側の骨はなくなっているので、歯頚ラインに
乱れが出るため、小矯正(挺出)が必要になる予想を立てました。
左上1は通法どおり、根管治療から審美補綴を提案しました。

<実際の治療の流れ>

1.初診時に再植、固定まで行いました。
 右上1を1度抜歯して、歯と抜歯窩を生理食塩水で洗浄しました。
 歯を元の位置に戻し、固定し、歯ぐきを縫合しました。
2.2週間後右上1の死んでしまった神経を取る処置をしました。
3.1か月後、生着を確認してから、歯頚ラインを合わせるために
 部分矯正治療を開始しました。
4.左上1の失活を認めたため、感染根管治療を行いました。
5.部分矯正(動的期間1か月)が終了して5か月後に
 最終補綴物のための印象採得をしました。
6.上顎両側中切歯にオールセラミッククラウンを接着しました。

小矯正(挺出)

ファイバーコア

小矯正の中で最も機会が多いのが、挺出です。
挺出とは歯を抜ける方向に移動させることです。
歯の移動として、1番動きやすい動きになるので、比較的短期間で
目的を達することができます。
今回は歯頚ラインを揃えるために挺出を行いました。
右上1の唇側の骨はなくなってしまっているので、歯ぐきは下がり、
この歯だけ歯が長くなってしまうからです。
矯正が終了したら、5か月固定して、後戻りがないようにしました。
外傷の傷も完全に癒え、歯、歯ぐきともに安定したのを確認してから、
最終補綴物の作成に取り掛かりました。
オールセラミッククラウン(e-Max)できれいに仕上がりました。

部分矯正
スマイル 審美歯科
昭和歯科医院 院長紹介 審美治療の症例 審美修復の種類 ホワイトニング マイクロスコープ 費用