ケース

Entry No.4

透明感を演出

<治療の概要>

左上1の根管が感染し、治療が必要になったので、
両側上顎中切歯を審美的に治療しました。
ホワイトニングを行い、全体のシェードを明るくしてから、
オールセラミッククラウンで補綴しました。

<患者さんの希望>

・歯と歯ぐきの間の黒い部分をきれいにして欲しい。
・歯の中で1番目立つところなので、きれいにしたい。

<問題点>

・左上1の急性根尖性歯周炎。
・両側上顎中切歯の旧メタルボンドが古くなっており、
 ブラックマージンの露出、及び左右非対称性を認めた。
・両側上顎中切歯の歯軸方向がバラバラなため、歯頚ラインの乱れを
 認めた。
・アングルⅡ級2類咬合でオーバーバイトが8mmを大きかった。
・両側下顎大臼歯4本が欠損で部分入れ歯を使用していた。

<治療の提案>

左上1の感染根管治療を行う。
まず、疾患に対しての治療は早急に行いました。


上顎両側中切歯にかぶっていた旧メタルボンドクラウン
は連続冠だったので、この機会に両方外してやりかえることを
勧めました。
最低限の病気だけ治すなら、左上1だけでも治療できますが、
審美的な状態にするには右上1もやり直す必要がありました。
また、今回のポイントは上顎両側中切歯の歯軸、歯頚ラインが不正

だったことです。
かぶせ物をきれいにするだけでは審美性に限界があるため、
上顎前歯を揃える部分矯正治療を提案しました。
また、通法の審美治療同様、ホワイトニングを勧めしました。
しかし、部分矯正は受け入れていただけませんでした。

<実際の治療の流れ>

1.左上1の感染根管治療、右上1の根管治療を行いました。
2.両側上顎中切歯にファイバーコアで支台築造しました。
3.プロビジョナルレストレーションを作成して、歯ぐきの形成と
 最終補綴物の形を模索しました。
4.デュアルホワイトニングでシェードをA1にしました。
5.オールセラミッククラウン(e-Max)にて最終補綴を行いました。

ファイバーコア

ファイバーコア

神経をとり、歯質の大部分を失った歯は多くの場合、支台築造の
処置が必要になります。
支台築造として、ファイバーコアという方法があります。
ファイバーコアはグラスファイバーでできた心棒をポスト部に入れ、
周りをプラスチックが接着する方法です。
従来治療との最大の差は歯根破折が起こりにくいことです。
ファイバーコアは歯の硬さ、強さとほぼ同等なので、継続的な力が
かかっても、歯根部にかかる応力は半減されます。
また、かぶせ物にオールセラミッククラウンを選択する場合、
従来の金属コアだと、セラミッククラウンの下地に金属色が透けるため、
審美的な治療が困難になります。

ファイバーコア

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

当院では前歯の審美治療を行う場合、金属を全く使用しない
オールセラミッククラウンを第1選択にしています。
オールセラミッククラウンの長所は何より、透明感の高い審美性です。
ファイバーコアと組み合わせることで、より自然なコントラストが
得られます。
今回の場合は矯正治療を行っていないので、歯頚ラインが
不正だったり、歯の形が方形だったりと理想的な審美が得られたとは
いえません。
ただ、思い切り笑っても、歯ぐきが見えない患者さんだったので、
実用レベルの審美は十分達成されたと考えています。

セラミック冠
審美歯科
昭和歯科医院 院長紹介 審美治療の症例 審美修復の種類 ホワイトニング マイクロスコープ 費用