ケース

Entry No.2

機能と伴に審美まで

<治療の概要>

包括的治療を行い、機能的かつ審美的な状態になった患者さんです。
咬合崩壊を再建するためインプラント、歯列矯正などを行っています。
審美歯科のサイトなので、前歯に行った歯列矯正、ホワイトニング、
セラミック冠による補綴治療について詳しく説明します。

<患者さんの希望>

奥歯喪失のため、咀嚼困難が主訴でした。
だから、初めは審美的な希望はありませんでした。
しかし、次第に全体がきれいになっていくにしたがい、
「きれいにできるところはとことんやってみて下さい。」
ということになりました。

<問題点>

審美的な問題点として
・上顎正中の離開。
・下顎前歯部の叢生(乱食い)。
・古くなり歯との間に隙間が開いてきたかぶせ物。
全顎的には中程度~重度の歯周病。
また、奥歯には保存不能歯とすでに欠損となった部位を認めた。

<治療の提案>

まず、何より重要なのは奥歯で安定して噛める咬み合わせを
作ることと説明しました。
この患者さんは審美歯科治療が主訴ではなかったですが、
奥歯の咬み合わせが不安定な状態で、前歯の審美治療だけを
希望される患者さんがたまにいます。
その場合は奥歯の治療をしないと、前歯の審美治療は長期安定を
得られないことをご説明しています。

<実際の治療の流れ>

1.奥歯にインプラント治療をして、できるだけ早く咬合不全の
 状態から脱出できるようにしました。
 強固な初期固定が得られたところは即時負荷を行いました。
2.1と平行して初期治療を行います。
 不良補綴物を全て除去して仮歯に置き換えました。
 歯周基本治療、むし歯治療、感染根管治療の3つの基本治療を
 行いました。
3.全顎矯正治療を唇側にマルチブラケットを装着して行いました。
 上顎正中離開と下顎前歯部叢生を改善しました。
4.デュアルホワイトニングで有機質を除去し、A1まで白くしました。
5.仮歯をオールセラミッククラウンにて補綴しました。

唇側マルチブラケット矯正

マウスピース矯正

最もスタンダードな歯列矯正のシステムが唇側マルチブラケットです。
また、現在の主流は超弾性のニッケルチタンワイヤーを用いた
ストレートワイヤーテクニックです。
形状記憶のワイヤーが真っ直ぐに戻ろうとする力を利用して、
歯列をきれいなアーチに配列します。
今回は最終的には冠をかぶせる予定の歯が多かったので、
補綴前矯正といえます。
上顎正中の閉鎖と下顎前歯の配列を行っています。
矯正治療が終わった後は最終セラミック冠を入れる前に
デュアルホワイトニングを行いました。

ホワイトニング

オールセラミッククラウン

ラミネートベニア

オールセラミッククラウンは当院で最も多くされているかぶせ物です。
歯にかぶせる補綴物として、優位な特徴を備えています。
・セラミックは着色、変色しないため、長期的審美を望める。
・セラミックは生体親和性が高く、非常に滑沢なため、
 プラークが付着しにくく、2次むし歯や歯周病になりにくい。
オールセラミッククラウンの精度を上げるために行っているのが、
適切な支台歯形成、歯肉圧排、シリコン印象の3つです。
マイクロスコープを使って、形成辺縁をスムーズに仕上げます。
歯肉圧排をして、歯ぐきと支台歯の境界を明確にします。
そして、セラミックを作るための口腔内の状態を正確に再現する
ために、精度の高いシリコンで印象採得を行いました。

セラミック冠
審美歯科
昭和歯科医院 院長紹介 審美治療の症例 審美修復の種類 ホワイトニング マイクロスコープ 費用