ケース

Entry No.1

気付かれずに審美治療

<治療の概要>

上顎前歯の審美障害を治療した患者さんです。
マウスピース矯正で目立たず、歯列を矯正して、
色、形、表面性状をラミネートベニア4枚で審美修復。
前方運動時の誘導に多少の問題はありましたが、
むし歯や歯周病のない状態からの治療です。
だから、審美歯科治療の王道といえる症例です。

<患者さんの希望>

・左上1が唇側に出ている審美障害を改善して欲しい。

・上顎前歯のざらざらした感じが気になる。

・なるべく歯を削らないできれいにして欲しい。

・歯を白くしたい。
・歯列矯正をしても良いが見える装置はできるだけ避けたい。

<問題点>

・左上1の唇側転位(位置異常)。
・上顎前歯に修復されたプラスチックの変色と2次むし歯 。
・上顎前歯表面性状のブラッシング擦過傷(表面の凸凹、ざらざら)。
・歯の色はA2で有機質の沈着は多くなかった。

<治療の提案>

1.部分矯正にて左上1の唇側転位を改善した後、
 上顎前歯4本はラミネートベニアにて審美修復をする。
 また、部分矯正は従来のワイヤー矯正か、マウスピース矯正の
 選択ができる。
2.部分矯正なしで左上1は神経を取った後、
 ファイバーコアとオールセラミッククラウンで補綴する。
 上顎前歯残り3本はラミネートベニアで審美修復をする。
また、いずれにしろ、ホワイトニングはできるが、元々白いので、
大きな変化は期待できない。
2は侵襲が大きく、仕上がりも1より難しいため、1をお勧めしました。

<実際の治療の流れ>

1.マウスピース矯正にて上顎のみに部分矯正をしました。
 上顎前歯のアーチを拡げて左上1が入るスペースを作りました。
 できたスペースに唇側転位した左上1を入れました。
2.診断用ワックスアップを作成して、最終形態を模索しました。
 上顎左右中切歯、側切歯の4本の唇面をエナメル質内
 (0.5mm)で形成し、シリコンにて印象採得しました。
 ラミネートベニア4枚をレジンセメントにて接着して、終了。
 保定のため、口蓋面よりワイヤーにて固定。さらに、
 マウスピース型の保定装置も作りました。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

審美的な歯列矯正を希望されたので、マウスピース矯正を行いました。
マウスピース矯正には様々な種類があります。
今回はクリアライナーというシステムを使いました。
限局的な矯正治療を比較的安い費用でできるのが特徴です。
1度の印象で同じ形で厚さの違う2種類のマウスピースができます。
これら2種類を約3週間使用します。
それからまた、新たに印象をして、新しいマウスピースを作ります。
予定の歯列になるまで、繰り返します。
今回の症例では4回の印象で8つのマウスピースを使いました。
動的期間は約6か月でした。
予定の歯列を獲得した後は後戻り防止のため、口蓋側からワイヤーで
固定しました。
さらに保定用マウスピースも作成し、2重保定としました。

マウスピース矯正後 マウスピース矯正 マウスピース矯正

ポーセレンラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアは審美歯科の代表と言える治療です。
病気や機能を回復させるためにすることは稀で、
審美的な目的で行うことが多いです。
歯の色、形、表面性状、多少の位置、傾きまで審美的に変えられます。
今回は上顎前歯4本の形、表面性状を審美的に行う目的で行いました。
まずは診断用ワックスアップを行います。
目的は最終ゴールの設定とエナメル質の削合量の確認です。
ラミネートベニアの厚みが0.5~0.7mmになるように形成します。
ラミネートべニアはレジンセメントで接着することにより、
エナメル質と強固にくっ付き、一体化します。
前処置として歯列矯正を行っているので、最小限の削合で
審美的な結果を得られることができました。

ポーセレンラミネートベニア
ラミネートベニア
昭和歯科医院 院長紹介 審美治療の症例 審美修復の種類 ホワイトニング マイクロスコープ 費用